スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

遠征

ペリー提督日本遠征日記 ペリー提督日本遠征日記
童門 冬二、マシュー・C. ペリー 他 (1996/09)
小学館

この商品の詳細を見る


土曜日っつーことで昼まで寝る。午後からプチ遠征。
渋滞がひどく1店舗目に着くのに予定の倍かかり
1店舗目の前からすでに疲れてる。
疲れてはいるがなんか知らんが棚がいいぞ。
合計3店舗、結構な額と数の仕入れ。
途中で金が無くなりコンビニでおろしたりなんかして。
出品も即日済ませてあとは売れるのを待つばかり。

元回転屋のなごりでうちには角6の封筒が400枚くらい残ってる。
文庫・新書用に使ってたもの。
最近は角1と角2ばっかで角6使うことはほとんど無い。
捨てるのももったいないよなっつーことで
最近、文庫と新書をちょっとだけ仕入れてる。
昔みたく、カゴ一杯の文庫本なんてのはもうやらない。
鉄板の回転本を数冊拾う程度。一度に売れると梱包めんどうだし。
封筒を使い切るためっつー動機もどうかと思うが。

あれま、もうこんな時間だね。
明日はヤマトの集荷頼んでからスポクラかな。

↓ランキング参加中。クリックしてくれるとうれしいです。
人気blogランキング:ただいま3位
スポンサーサイト
 
 

コメント

12月だから?

最近「いい仕入れができた」という書き込みを見ますね。
12月でBOの買取が増えるのを見越して、プロパー棚を空けているのでしょうか?

「 ブックオフで仕入れた本は1年間で何割売れる? 」の続編を書きましたので、ご覧ください。なかなか面白いデータになったので、参考になれば幸いです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fw13mansell.blog20.fc2.com/tb.php/413-ab04c061

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。